石川県の加賀地方で120年続く蒔絵工房のジュエリーブランド「クラシックコー」のフェアを開催いたします。

 

素材と佇まい

 

今回はシルバーのラインナップが増えております。 よりナチュラルなスタイリングに活躍しそうなアイテムも多く、 卵殻や螺鈿といった素材の質感を生かしたアクセントのあるもの、 パール素材、クオーツ素材など自然味ある天然素材感のあるものなど 新作には大人な雰囲気のものを多くご用意いたしました。

 

フェア開催日程:7月20日(月)から8月2日(日)

 

 

今回初お目見えの小枝のリングです。

 

 

入荷予定のアイテムを一部ご紹介致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラシックコーの名前には 「古典的な、一流の、時代に左右されない」 などの意味をもつ [Classic /クラシック ]。 初代「雪香(せっこう)」より代々受け継がれる 「雅号」としての「香(Ko)/コー」 . 「Ko」は、「その人の美意識・感性を [ 香り ] として纏う(まとう)」 という意味も込めてられています。

 

蒔絵とは、 奈良時代(710年~794年)の頃から使われている漆を用いた金装飾技術です。Classic Ko のジュエリ−は、白蝶貝、琥珀、水晶、トルコ石等の、天然素材に蒔絵を施した、世代を超えて永くお楽しみいただけるアイテムです。

 

どうぞ、おたのしみに!


     

 

  • Home

  • ONLINE STORE

  • フェア情報 Instagram

  • 入荷情報 Instagram

 

 

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Search

Archive

Selected Entry

Link

Profile

 

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM